金持ちになる人と貧乏になる人

MENU

金持ちになる人と貧乏になる人

金持ちになる人と貧乏になる人

 

金持ちになる人と貧乏になる人ではお金についての態度が全く違うというのをご存じでしたでしょうか。
違いを知り、自分の行動に当てはめてチェックしてみましょう。

 

お金持ち、つまり富裕層の人は常にニュースをチェックしたり景気の流れに敏感です。
日常の生活でもスーパーの値段の動きやテレビの報道、日常のほんのちょっとしたことから世の中の流れ全てを敏感にチェックしています。
チェックした事柄はすべてお金を増やすためのヒントにしているのです。
資産の運用の際にも自分の感覚を利用します。
景気の流れを見極め良いタイミングで株を売ったり買ったりします。
逆に貧乏な人は景気の流れや世の中の空気に沿って金融資産の見直しをするのでなく自分の決めたタイミングに合わせて見直しをします。
しかし景気の流れに合わせていないため、すぐに不具合を起こすことも多いのです。
例えば相場が下がっている時に見直しをすれば株を損切りすることになってしまいます。
しかし全体的に見れば数カ月後に上がることが予想されていれば売らずにそのまま保有しますよね?
貧乏になる人はそういう柔軟性が足りないのです。
本当に資産を増やしたいのなら毎日天気予報をみるかのように相場の流れをチェックし、その流れに沿って株の売買をするべきなのです。

 

あなたは日ごろからどのようにお金について考えていますか?