キャッシング利用が増加傾向

MENU

キャッシング利用が増加傾向

キャッシング利用が増加傾向

 

最近はコンビニなどでも手軽にキャッシングを利用することができるようになってきました。
キャッシングを利用している人は現在ではなんと全国で1000万人とも1500万人とも言われています。
借り入れ金も5万円から10万円と少額の利用が増えており、独身者より既婚者が増えているというデータもあります。

 

2010年に貸金業法が改定され、上限金利が下げられた(上限金利が29.2%から15〜20%へ)のをきっかけに敷居が低くなったのが原因でしょう。
また収入の3分の1以上は借り入れが出来なくなる総量規制も設けられたため、以前と比べて賢く計画的に利用する人が増えてきました。

 

以前は借金をする、というと消費者金融のお店に様々な書類をそろえて出向いて審査を待たなければなりませんでしたが、最近は事前に書類の画像をとり、それを送信するだけで審査を受けることができるようになりました。金融会社によっては簡易審査のみでキャッシングをすることができる会社もあり、キャッシングをすることへの敷居は正に低くなりました。
そこでビジネスマンが冠婚葬祭や出張など急な出費を必要とする際に利用するというケースが増えているようです。

 

各社借り入れに際しての流れ、どんな人に向いているのか、返済方法、など違います。
自分にあった会社でキャッシングをうまく利用するためにも比較検討してよい会社を選びましょう。

 

 

キャッシング問題の解決方法