借金体質ってどんな人でしょう?

MENU

借金体質ってどんな人でしょう

借金体質ってどんな人でしょう

 

多重債務で苦しんでいる人は毎日毎日返済やお金のやりくりで大変な思いをしていることと思います。
日々借金を返すことで頭がいっぱいになっていると自分の考えが異常だとはなかなか気づきません。
借金で苦しんでいる人には共通してみられる特徴、考え方があります。
これは自分の中だけの問題ではなく、周囲の人にも違和感をもって見られているかもしれません。
ここで一度チェックをしてみましょう。

 

●嘘に抵抗がなくなる
借金をしていることは家族や知人には知られたくないものです。
そうすると借金を隠すために嘘をつかなくてはいけなくなります。
しかしそうやって嘘をつき続けていると嘘に慣れていき、やがてはどんな時でも嘘をつくことが全く平気になってしまうのです。

 

●見栄っ張りな性格
結婚式に招待されたのに手持ちのお金に余裕がなければあなたならどうしますか?
出席を辞退しますか?それとも見栄を張って借金をしてまで出席しますか?
後輩を連れて飲み会を開きたいけれどお小遣いの残りが少ないとき、あなたならどうしますか?
妻に頼んで追加のお小遣いを出してもらいますか?妻に怒られるのが嫌で黙ってキャッシングをしますか?

 

見栄っ張りという性格が行きすぎるとお金の問題につながります。
キャッシングでは本当に簡単にお金が借りられてしまうので、このような時に気軽にお金を借りて見栄を取り繕うことができてしまうのです。

 

●現実を見ない
現実的に考えれば月々の返済と生活費とで家計はもう赤字になりそうなのに、大丈夫と気楽に考えていませんか?
ない袖は振れないと言います。一度家計について1円単位で細かく調べてみてはどうでしょう。
本当はわかっているのにお金がないという真実を見たくないのかもしれません。
冷静にお金の流れを計算してみましょう。

 

●自転車操業でも問題なし
多重債務で苦しんでいる人は返せなくなると他の金融会社から借りてそれを返済に充てたりします。
普通の人はキャッシングなどは抵抗がありなかなか手を出せるものではありません。
しかし返済のことで頭がいっぱいになっていると簡単に返済を乗り越えられるものとしてキャッシングなどを気軽に利用してしまいます。
問題は毎月の返済をできない自分の管理能力の甘さなのに、簡単に借りられるところから借金をして返済をするのは問題をすり替えているだけですよね。
しかし常に返済のことを考えていると冷静に考えれば事態を悪くするだけと解りきった方策を取ってしまうのです。

 

●ズルをすることに躊躇しない
普通はあとで恥ずかしい思いをするようなことは普通ならやりませんが、多重債務で返済に困るような人の場合「この会社は少し遅れても大丈夫だから支払いを後回しにしよう」とか「このままではカードを止められるから今目いっぱい借りてしまおう」とか悪知恵を働かせることに躊躇がなくなってしまいます。

 

借金を重ねるということは普通の人にとっては異常なことです。
しかしこの異常なことを毎日のように繰り返し、それにより返済に苦しむようになってくると感覚がマヒしてしまいます。
これが日常生活にまで影響すると「タダなんだしもったいない」と回転寿司で回ってくる個別包装のガリを大量に持ち帰ってしまったり、お金に余裕がありそうな友人に物をねだったりといったことが躊躇なくできるようになってしまいます。

 

 

借金解決ツールはコチラ