闇金の取り立てや手口

MENU

闇金の取り立てや手口

金利が法律の限度枠を超えているとか、貸金業者資格を持ってなくて、不当な形でお金を貸す業者を、闇金と呼ぶことになります。そして闇金業者からお金を借りるときには、当然契約書を交わしていきます。そしてその契約書内容を勿論確認して、金利は確かなものかを確認しなければなりませんが、知らなくて借りた場合は、契約書が生きてきますから、返済ができないとなると、闇金業者は、請求として取り立てをしてきます。良くテレビドラマなどででてくる場面としては、無理な取り立てで、家の前で待っているとか、勤務先に行って、嫌がらせをするとかが、ありますよね。兎に角相手は、自分が法律の範囲を超えていても、借用書を盾にして取り立てに出てくるのです。相手は何としても、貸したお金に利子付けて払って貰わないと貸し倒れになるわけですから、色んな手段を取ってくるのです。電話などでの取り立て請求では、中々事態が好転して行かないと考えると、闇金業者は内容証明書として、貸したお金を請求していることを明らかにしてきます。でも、違法な借用書であるので、裁判に持ち込めば、解決の道は開けますが、不法でも無理に取り立てるたいのが、闇金業者なのです。

 

 

借金がある人が必ずとる行動パターン