取り立ての電話

MENU

取り立ての電話

闇金からの取り立てが電話でくる時は?

 

相手が闇金だと気が付かないままに、お金を借りてしまって、支払いが遅れるとか、金利が高くて返済出来ない場合には、闇金業者としては、貸したお金を返済して貰わなければなりませんから、まずは、電話で連絡が入ります。借用書を交わしているので、かなり積極的な行動にでてきて、闇金業者からは電話での取り立て催促が始まっていきますが、何度も掛かってくる電話への対応法を考えなければなりませんね。そして、電話の次には郵便の内容証明書を送付しながら、貸したお金の催促をしている事を既成事実として残していく事も行ってきます。そして、それでも借りた側が、返す意向を示さないと次は、自宅の近所で帰宅を見張っているという行動も取るでしょう。でも、そんな取り立てから逃げる方法としては、司法書士事務所に相談をすると経費は必要ですが、借りた側の代理人となってくれて、相手との一切の交渉を請け負ってくれるのです。司法書士としては、闇金業者からの取り立てへは、対応法のノウハウを持っていて、法的な展開としての訴訟も含めて、法律のプロとして対応してくれるのです。

 

借金がある人が必ずとる行動パターン