自己破産後の生活での住宅ローンの行方。

MENU

自己破産後の生活での住宅ローンの行方。

自己破産後の生活での住宅ローンの行方。

 

自己破産は、借金が無くなる代わりに自分の財産をすべて失うことになります。持ち家も高価な財産になるので競売にかけられ、失うことになります。自己破産した後に住宅ローンを支払い続けることはできません。どうしても、持ち家を失いたくないという方は、自己破産という方法ではなく、民事再生や任意整理という方法を選びましょう。借金がすべて無くなるわけではありませんが、総額や毎月の支払いを減額することができます。どうしても自己破産をしなければならない場合でも、親族や知人に自宅を購入してもらうことにより、不動産として借りることで、実質的には自宅に住み続けることができます。また、自己破産した後に住宅ローンを組むことは難しいでしょう。ブラックリストといわれる信用情報機関での情報は、平均7年程度といわれていますが、自己破産したときに借入があった金融機関には自己破産した事実はずっと残ることになります。自己破産後にマイホームを購入したいと思っている方は、かなりの頭金としっかりした収入などを確認できるものが必要のようです。