キャッシングのリスク

MENU

キャッシングのリスク

法改正により、キャッシングがより低リスクで身近なものに。既婚者の少額利用も増加

 

 

無担保のキャッシングを利用している人は、現在、全国でおよそ1000万人〜1500万人といわれます。
2010年の賃金業法の改正により、上限金利が29.2%までから、15〜20%までに引き下げられ、
利用者の収入の3分の一以上は借りられない総量規制も導入されました。これにより、
返済困難に陥るリスクが減り、利用者の側も無茶な借り入れが出来なくなりました。

 

最近のキャッシング利用者に見られる傾向として、既婚のビジネスマンが、出張や
冠婚葬祭といった不測の出費に対して、5万円や10万円といった少額を借り入れて利用する
ケースが多いといいます。人付き合いにお金を割く割合が多いという社会の特徴を
反映していると思います。

 

 

状況とニーズによって、キャッシングを利用する機会もあるでしょうから、
各社のサービス内容と特徴を把握しておくのは有効です。

 

そこで、以下では、金利、限度額、借り入れ条件や
手続き、返済方法などを、キャッシング各社で比較しました。